30代の女性が酵素液ダイエットに失敗しないポイントとは?

MENU

30代の女性が酵素液ダイエットに失敗しないポイントとは?

食生活が別に変ったわけではないけれども、30歳を過ぎて妙に贅肉が付くようになってしまったという人はいませんか?これは30代に差し掛かってくると、基礎代謝が落ちることが原因です。消費するカロリーが減ったことで、脂肪が付きやすくなります。この体質を変えるためには、酵素液ダイエットを実践してみるのも一つの方法です。

 

ちなみに体重50sの女性の基礎代謝量を見てみると、20代の場合には1200キロカロリーといわれています。ところが30代になってしまうと1100キロカロリーになるといわれていて、同じ食事でも100キロカロリー消費されなくなるのです。そこで酵素液ダイエットをすることで、体内に酵素を補充しましょう。

 

酵素には、消化する働きと代謝を高める働きがあります。自分自身で代謝する力がダウンしたのであれば、外部から酵素を取り入れて代謝の力を維持するわけです。酵素液ダイエットをすることで、30代でも痩せやすく太りにくい体質をキープすることも可能です。

 

30歳になって酵素液ダイエットを取り入れてみましょう。酵素液ダイエットの方法は、1日3食のうち1食でも構わないので酵素ドリンクに置き換えることです。これだけで、ダイエット効果が期待できます。

 

また30歳の女性は、何かと忙しいのではないでしょうか?子育てや仕事で運動不足や睡眠不足の状態に陥っていませんか?このような点に心当たりのある人は、酵素液ダイエットを実践しましょう。